老眼の敵である近眼をレーシック手術で撃退しよう

日本全国で人気

視力回復に人気のレーシック

目をつむっている人

札幌を始め日本各地で、レーシックは非常に人気の視力回復施術です。このレーシックは、高精度のレーザーで角膜の屈折率を変えて視力を矯正する手術です。近視だけでなく、遠視や乱視などの患者に治療が可能です。日本だけでなく、全世界で毎年数百万人の方々がレーシックを受けています。 レーシック施術のメリットは、視力の回復が非常に早い事です。早い場合は、手術直後に視力が回復します。そのため、そのまま一人で帰宅することもできます。また、遅くても翌日にはほとんどの方が、1.5程度の視力に回復します。 視力回復の持続性について、危惧される方も多いです。しかし、札幌など日本各地でレーシックは、長期間にわたって普及しています。また、治療用レーザーの性能は進歩し続けているので、施術後、数十年後も安全に視力を維持できます。

施術後に起こりうる症状

札幌では、たくさんのレーシックを扱う眼科クリニックがあります。非常に安全に確実に、札幌のクリニックでは視力回復が可能です。ですが、施術後には、一時的に副作用が生じることがあります。その副作用とは、ドライアイです。 そもそも目の表面は、常に涙で覆われて潤っています。それで、角膜にある神経が目の乾きを認識することで、無意識に潤いを保つために瞬きをします。ですが、施術の時に角膜の表面を切るので、神経が切れて目の乾きを感じづらくなります。それで、ドライアイになりやすくなります。施術後に時間が経つと、多くの場合、ドライアイは改善されます。施術の際には、こうしたリスクが起こりうることを十分に把握することが大切です。